事業内容

当財団では、情報科学の国際研究交流を推進するため、研究者海外派遣助成、外国人研究者交流助成及び特定分野研究交流助成を行うとともに、将来を担う若手研究者の育成を図るため、情報技術に関する競技会を開催しています。


1.助成事業
1)研究者海外派遣助成
 海外で開催される国際研究集会への派遣のため情報科学の若手研究者に渡航費及び滞在費の一部を助成します。
2)外国人研究者交流助成
 日本で開催される情報科学の国際会議へ参加又は日本の研究機関で共同研究をする外国人研究者に渡航費及び滞在費の一部を助成します。

2.SSR(産学戦略的研究フォーラム)
ソフトウェア分野における情報技術の将来を見通した研究課題の提言を社会に向けて発信することを目的として、広く海外の研究開発の状況の調査・分析等を行う産学の研究者グループに対して、渡航費・滞在費及び会議開催費等を助成します。
 

3.プログラミングの競技会の開催等
将来を担う情報科学の若手研究者育成のために、アジア地区の大学生、大学院生及び高等専門学校生を対象としたプログラミングの競技会の開催し、それに関わる活動を支援します。
年1回、ACM-ICPC(国際大学対抗プログラミングコンテスト)アジア地区予選を開催します。